投資の『おべんきょう』1

暇だから勉強しよう。
本業じゃなく、投資ですがね。

といっても、参考にしているのはニュース系サイトの無料記事。
お金をかけて勉強をする、という事はやろうと考えてはいますが、そこまでのヤル気が出ない為やりません。
ヤル気もないのに、本を買うだけ、有料セミナーに行くだけ等の金を捨てる行為をしたくないし出来ないのでやりません。
真面目に勉強したい人は違うんでしょうね~
よし、言い訳は十分でしょう。

まず、勉強の教材になるのは、以下のYahooニュース記事。
題材となっている『ウォーレン・バフェット氏』と言えば、私のような素人でも知っている方ですね。

9兆円近く…巨額資産の99%を「50代」から築いた投資家とは

この記事では、バフェット氏の生活態度や投資哲学に言及しているようなので、その点を何かしら学べないかなと読み込んでみました。

まずは以下を抜粋。

  • 正しいお金の使い方を知る
    • お金の習慣で大切なのは、常に予算の上限を決めておくこと、高利で借金しないこと、定期的に投資をしていくこと。この3つである

予算の上限については、ここ数年やっと意識して実践できるようになりました。。。
それでもまだ甘い部分が残ってます。

次の高利で借金。
これも、今はやってないですが、過去にやらかした影響で数年先まで支払いが残っています。。。
悔いばかりが残ってますが、借りたものは返さないとどうしようもないですね。

定期的に投資は、ここ1年くらいでやっと出来るようになりました。。。
絶対に止めないように、更には投資額をふやせるように頑張ります。

しかし。。。どれもこれも、まだまだこれからもっと頑張る必要があるな。
なお、ギャンブルは止めません。趣味なので。


次に以下を抜粋

  • ローマは1日にしてならず
    • 資産は一晩で築けるものではなく、時間と忍耐が必要だという教え

この台詞は、バフェット氏が講演の際に使う常套句らしいですね。
また、バフェット氏でさえ50代から資産が大きく増えた事を示す図表が貼ってありました。
まぁ、バフェット氏と私では投資方法や金額等々比較にするのもおこがましいですが。。。

上記の台詞に関して書かれていた事は『時間・忍耐』。
忍耐力が無いと上昇相場で掴み、下落相場で放すを短期間で感情的に行い、結果全てを失って投資から離れるということが書かれており、確かにと思いました。
私の場合、表面的な知識だけで取り掛かってるので、上記より更に酷いですがね。。。
しかし、感情的になり売り買いを~というのはやっちゃってましたね。
でも、それで投資から離れることがなかったのは幸運?だったのかな。


最後に以下を抜粋。

  • 価格ではなく「価値」に注目
    • その投資対象が価値を持ち、本当に将来的に価格が上がり得るものなのかを判断

う~ん、この箇所はもっと掘り下げたいですね。
『価値』がある物を判断するためには、どのような情報がいるのか。
例えば記事内にもあるように、30年後に残っている物・価値が上がっている物の目利きについて、どのように鍛えるべきなのかを知りたいですね。

よし、次はこの部分について調べてみよう。